2007年11月

2007年11月05日

犬を飼うということ(2)



環境について。




犬は元々群れで生活する動物です。

そして、必ず、

『順位』

を決めます。



仔犬は、最初は目も合わせなかったり、

反抗したりしますが、それは、

『自分がリーダーになろう』

という意思からきます。



一旦、

『自分が下だ』

と理解すると、従順になります。



ただ、犬が認めるリーダーは、1人だけだと

読んだ記憶があります。




なので、

一緒に生活する家族を

『自分の群れ』

と認識します。



犬にとって一番良いのは、家族全員から喜んで迎えてもらえること。




もし、

家族の中で、犬を飼うことに反対する人がいたら

やめるべきだと思います。



犬にとっては、

『群れの意志が統一されない』

という異常事態になります。



特に、家族の中で権威のあるお父さんなど、犬がリーダーと認識する人が反対する場合、

犬は自分が『リーダーから歓迎されていないこと』

に対して強い不安を感じ、常にビクビクしたりストレスから問題行動を起こすことになります。




逆に、子供が反対している場合、

犬はその子供を『リーダーの意志に反する者』

として、攻撃的になる可能性がでてきます。




無事に家族の意見が一致して、

犬が家にやってくることによって、変わる生活。



十数年に渡って、毎日の散歩や世話が必要です。

旅行や外出も、ある程度制限されます。

近隣に迷惑をかけないようにしつけが必要です。





運動も大切なのですが、群れて生きる犬にとって

何よりも一番つらいこと。




一人が多いこと。




いざ、飼い始めてから、

「こんなはずじゃなかった」

では、取り返しがつきませんので。

人気ブログランキングへ

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  | ラブラドールリトリバー

2007年11月04日

犬を飼うということ(1)

私は入るのも躊躇してしまうのですが、

ここ最近、ペットショップが本当に増えました。




中でも、


ミニチュアダックス

チワワ

トイプードル



を展示していない店は無い、というほどの

小型犬ブーム。


私は、小型犬が決して嫌いな訳ではありません。


どこでも連れて行けるので、電車で、キャリーケースに入れた小型犬を見かけると本当に羨ましいし、環境さえ許されれば、ラブラドールと一緒にしてやりたいくらいです。

こいつはもっぱら、走るか車なので。


ただ、残念なことですが、犬をファッションや流行の感覚でとらえる人たちがいます。

また、『仔犬の姿』だけで判断し、衝動飼いしてしまう人たちもいます。




ぬいぐるみのように愛らしい仔犬が、

小さなケースで展示されていて、

すかさず店員が




抱っこしてみますか?





と声を掛ける。

店の片隅には、各種クレジットカードの取り扱いラベル。




そりゃね、

女性に仔犬を抱かせるというのは販促ならぬ反則ですよ。

生後3ヶ月位までは、人間の赤ん坊と同じ匂いがするし。

おばあちゃんだって、素敵な銀歯交じりの笑顔になります。

そこで孫からの






「欲しい♪」



っていう援護射撃が加われば・・・





犬や猫の『生体の展示販売』がなくならない限り、

「かわいいー」

で買って(飼って)しまう事はなくならないと思います。



ショーケースで不特定多数に見られてストレスを感じている犬。

生後4ヶ月以上も経って大きくなってきている犬。

何処へ行くのだろう・・・。







犬に限らず、動物を飼うというのは、大変なことです。

ですが、特に犬は、紀元前から人間とはパートナーであったこともあり、その大変さを補って余りあるものをもたらせてくれます。

犬と心を通いあわせ、素晴らしいパートナーとなれるかどうかは、飼い主次第だと思います。

楽しいことばかりではありません。

大型犬で10年、小型犬だと20年近く生きる犬もいます。

しかも、生涯、健康で走れる訳ではありません。

高齢犬には介護も必要なのです。

人気ブログランキングへ

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  | ラブラドールリトリバー

2007年11月03日

犬の日の翌々日

調子に乗って、しばらく犬シリーズにしようと思います。


まず、どうしても理解できない類のもの。


犬=物


の扱い。



犬の命が、飼い主には過失が無い状態で、
何者かに奪われたとき。


損害賠償請求で認められる額は

犬を買った価格の半分くらい

と書かれていました。










これは、まずい。








だって、


犬に重傷を負わせたら、



犬の治療費、

飼い主が飼い犬を動物病院に連れて行くために
会社を休んだのであれば休業損害、

その他因果関係がある損害、慰謝料、

などを請求されるのに対して、








殺した方が安い!






となれば、

たまったものではありません。





例えば、

猛スピードで走って曲がってきた自転車に、

リードに繋いだ散歩中の犬が轢かれたら。




小型犬などは、かなりの重傷を負うはずです。



どうしますか。

悪知恵を持った人だったら。





ちょっと前の、道路交通法と一緒。

『逃げ得』

ならぬ、



殺し得


の状態。





法律の整備を急いで欲しいものです。

人気ブログランキングへ

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  | ラブラドールリトリバー
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@