2007年11月

2007年11月19日

知りたい!:愛すればこそ?ペットにも高度医療 CT検査、人工心肺…治療費も課題




もう一つ、ペットに間する記事が。





 犬や猫などペット向け医療の高度化が進んでいる。CT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴画像化装置)を使った詳細な検査、人工心肺装置を用いた心臓手術、放射線治療など人間と変わらない内容だ。現場はどうなっているのか。【永山悦子】

 診察台の上で、下痢が止まらないというダックスフントが腹を見せて寝ている。獣医が超音波検査用の機器を当て、画像をチェック。「消化管は悪くないようですね」。処置室では、ゴールデンレトリバーが元気に尾を振った。その横にあるエックス線検査の画像の前では、別の獣医が腕組みをして、「おなかに大きな腫瘍(しゅよう)があるようです」。

 日本獣医生命科学大動物医療センター(東京都武蔵野市、広瀬昶(ひさし)院長)には、毎日40〜50匹の動物がやって来る。院内には、内科、循環器科、腎臓科、腫瘍科、神経科……など人間の総合病院のような診療科名が掲げられている。“患者”の大半が開業医からの紹介。病気は食べ物の中毒からがんや重度の心臓病などさまざまだ。「動物は言葉を話せないので、飼い主からじっくり聞くことが不可欠。初診の場合、30分以上かかることもある」と広瀬院長は話す。ペットが長生きするようになる一方、重い病気を患うケースが増えた。同センターのCTやMRIによる検査や手術予定は1カ月先まで埋まっている。

     *

 高度医療に携わる実力のある獣医師育成や全国的な診療レベルの底上げを目指し、今年6月、川崎市に民間施設「日本動物高度医療センター」が開設された。センター代表の山根義久・東京農工大教授は「従来の獣医学教育は基礎研究に偏り、臨床教育が不足していた。獣医向けに実践の場を提供し、最新の医療に対応できる人材を育てたい」と説明する。

 受診には基本的に開業医の紹介状が必要だ。45人の獣医が多様な症例に向き合う。来年には、微細ながんをとらえる最新鋭のPET(陽電子放射断層撮影)装置も稼働し、世界で初めて動物での利用を始める予定だ。

     *

 動物の高度医療では高額の治療費も課題だ。日本獣医師会の調査などによると、麻酔料、薬剤料などを除いたCT検査やMRI検査の費用は各平均約3万円、心臓手術は平均約6万3000円。人工心肺装置を使うと材料費だけで約30万円、心臓ペースメーカーを埋め込むと約150万円かかるという。最近は、動物向け“医療保険”も増え、大手の「アニコム」(東京都新宿区)は加入頭数約29万頭に達する。

 飼い主は動物にどこまで高度医療を施すべきか。日本愛玩動物協会の池田潤子・通信教育事業担当課長は「検査や治療が余命の少ないペットに負担になる場合もある。『病気』だけをみるのではなく、ペットにとって一番幸せな時間を作ることを考えて選択してほしい」と話す。日本獣医生命科学大の広瀬院長も「再生医療やクローン技術などさまざまな可能性は広がったが、命には限りがある。できるからといって、何をやってもいいわけではない」と指摘した。

毎日新聞 2007年11月14日 東京夕刊








私も、ワクチンやフィラリア予防薬などの検診的なもの以外に

2回ほど動物病院に入院させたことがあります。




詳しくは、後日書こうと思いますが、


動物病院にも、レベル格差があるということは事実です。




本来、そこへ連れて行けば1週間ほどで治ったものが

最初に連れて行った動物病院がひどかった。




そんなことも含め、が連れて行く動物病院は

いつも決まっています。



基本診察料は500円程度なのですが、

検温、耳掃除、肛門腺絞り、爪切りをやってくれます。



フィラリアの薬を買いにいく程度なら、

飼い主がわかっていればいいでしょうが、

怪我や、病気、誤飲など、検査が必要な場合は

必ず連れて行くのは『ここ』という病院です。



blogランキング

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  | 日記

2007年11月18日

<ペット火葬>ブーム便乗の悪質業者横行 数十万円の請求も



ニュースより。


ペットの火葬をめぐり、トラブルが相次いでいる。焼却炉を備えた車で飼い主宅まで出張した業者が、死骸(しがい)を焼却炉に入れた後に数十万円の高額料金を請求するもの。「嫌なら今すぐ焼却炉から出す」「遺骨を返さない」−−などとすごみ、飼い主の愛情につけ込み金を要求する。ペットブームに便乗した悪質商法に、各消費者センターは注意を呼びかけている。

 東京都消費生活総合センターによると、東京都内の50代女性は今年、インターネットでペットの火葬業者を見つけ連絡した。ホームページ(HP)では、体重別の料金を掲載。約20キロの犬は5万6000円で他の料金は一切かからないとあったが、業者は犬を移動火葬車の焼却炉に入れた後、22万円を請求した。

 女性は抗議したが「生焼けで犬を返す」などと言われ、やむなく15万円を支払った。業者はその後も電話で執拗(しつよう)に残額の支払いを請求、警察通報後も電話は続いた。

 同センターなどによると、業者は違っても手口には共通性がある。HPには小動物から大型犬まで、体重別に1万円台から数万円の料金が表示され、一部に「高速料金がかかる場合がある」などと書かれている場合もあるが、料金が請求されるのはきまってペットを焼却炉に入れた後。大型犬で火葬料金が6万円弱のはずが40万円請求された40代の男性もいた。

 料金内訳の提示は書面ではなく口頭だけのことも。全額を払わないと、残額を支払う「示談書」名目の念書を取られたケースもあったという。

 動物の火葬業者には基本的に法的規制がなく、同センターは「事前に見積もりを出させるなど料金の確認が必要。納得できない場合は、支払いや書類へのサインを急がないように」と話す。

 トラブルは秋以降、関東で目立つ。国民生活センターによると、ペットサービスの相談は04年263件、05年314件、06年405件と増加している。【亀田早苗】(毎日新聞)











『きまってペットを焼却炉に入れた後』か。




本当に気をつけて欲しいものです。


還暦前後の私の両親も、ようやくインターネットの検索を使えるようになって喜んでいます。




HPというのは、一言で言うと、




何でもあり。






都合が悪くなれば、すぐに削除や更新してしまえるし、どんなにいいことを書いてあっても、





「契約の段階で説明しています!」




と言われれば、立場は弱い。





消費者の心に漬け込んだ内容であればなおさら。












探偵業界もしかり。







依頼を考えている方も



興味本位の方も




『探偵 埼玉』




と検索してみてください。



GoogleでもYahoo!でも結構です。






そして、



依頼する人の役になって



料金を気にしてみてください。



数社のHPをネットサーフィンしてみましょう。







料金表、ありましたね?






そして、





全国180ネットワークの、

ガルエージェンシーのHPを見て頂きたいと思います。





料金表が無いはずです。





これは、

当然のことなのです。









依頼するその人にとって、


どのような調査が必要なのか。


最終的に解決するまでに、どのような段取りを踏めばいいのか。


全国どこでも見積りを無料で行っております。








もっと、わかりやすくしてみましょうか。








引越しをするとしましょう。


引越し屋さんに電話をします。


「草加から横浜まで引越ししたいのですが。今はエレベーター付マンションの2LDKで、引越し先は4LDKの一戸建てです。」


ここまでは誰でも説明できるでしょう。


では、荷物の量は?


冷蔵庫

洗濯機

タンス

ベッド

ソファー

戸棚

テーブル

テレビ

・・・・・。






はい、ここまでもお電話やネットで説明できるでしょう。






では、


ダンボールは何箱?



引越し元と引越し先につけられるトラックの大きさは?



全部玄関から入る?



2階のベランダや窓に、吊り上げてじゃないと搬入できないものは?



冷蔵庫の水抜きは?



処分するものは?



・・・・・。






まだまだあります。







お掃除付きにしますか?


女性スタッフのみで伺いますか?


時間帯は?


時期は?






この辺で宜しいでしょうか。。。






結局、何が言いたいかと申しますと、


HPの料金表を鵜呑みにしてはならないのです。


また、


お電話だけで全てを説明できる内容のものではないのです。







直接お会いして、


状況をお伺いし、


ペンを持ち、


紙に図入りで説明し、


数々の過去の事例を元に提案し、


すぐに役所に行ってやっていただかないと取り返しがつかないことがあったり、


今しか確保できない、ご自身でやっていただきたいこともあったり、


今後の言動や行動に気を付けて欲しいことをお話しできたり、、、




調査を依頼するしないに関わらず、

何かしらお役に立てられると思うのです。





決してうぬぼれではなく、



これで長年食べている



プロですので。







そして、しかるべき時期がくれば調査をしましょう、などと




『あなた』




にとっての一番良い方法を、




見つけることができるのです。











今、話題のGT−Rや、

ポルシェ、フェラーリなどの

スポーツカーを上手に操れている人だって、




その場所に適したトラックを選定し、

トラックをギリギリ狭いところに入庫できたり、

家具を傷つけないような積み込みや搬出入ができたり。




その業界のプロには敵わないと思うのです。















長文になってしまいましたm(_ _)m




ちょうど、



11月一杯は犬シリーズで書こう!



と思っていた矢先に、



このような悪徳業者を知り、



少しばかり感情的になってしまったところがあります。



この、


『ブログ』


というものに関しては、



宣伝色はなくして、


メッセージ色を強くしたり、


日々、感じた日記のようにしたいと思っております。


、探偵社経営歴9年と言えど、34歳の一人の人間ですので。




ここまで読んでくださり、


ありがとうございました。


blogランキング

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 探偵 | 

2007年11月17日

苦手な人

世の中、動物が嫌いな人がいるのは事実です。



怖いとか、臭いとか、アレルギーとか。



犬を連れていると、そういう人も存在するという事を頭から離さずに行動しようと心がけています。





例えば、高速道路のサービスエリアなどでの公共のベンチ。



飼い主が座って、モモの上に乗せているならまだしも、ベンチに直接座らせたり、歩き回ったりしているのを見かけます。



飼い主本人は、何とも思わなくとも、そのベンチにスーツでは私も座れません。



お客様の元へ、毛の付いたスーツで行く訳にはいかないのです。



でも、これは人間の子供でも一緒ですね。

くつのまま、ベンチに上がっているのを、やめさせない親もいる。




要は、犬や子供ではなく、飼い主、親が改善できると思うのです。




人間も、動物も、他の生き物たちも、




ここに書いたように、地球上の一部ですから、うまく共存したいものです。








でも、犬が怖いという場合。


恐らく、幼少の頃、犬に追いかけられたり、噛まれたりと、嫌な思いをしたことがあるのだと思います。


もし、この恐怖を克服したい場合、犬の特性を理解する必要があります。


まず、犬は、怖いからといって逃げてはいけません。


関わりたくないのであれば、完全に無視です。


歩いていたのであれば、普通に我が道を行く。


逃げれば犬は追いかけます。


掃除機の電気コードを収納するとき、犬はコンセント部分を追いかけます。


ラジコンカーを近くで走らせれば、追いかけます。


ボールを投げれば、追いかけます。





小学生の子供が、

「わー、犬だ! でけー!」

と、甲高い声で言って走ると、一緒に遊んでると思い、追いかけようとします。



要は、動くもの、自分から逃げていくものに対して、強い興味を抱くのです。



同じく、小学生の子供が、信号待ちなんかで声を掛けてくる子もいます。

「触っていいですか?」


小学生ですよ?


よくできた子もいるものだな、と感心しながら、

「犬、飼ってるの?」


と聞くと、首を横に振る。


「sit!」


私は、まず、犬を座らせ、


「もし怖かったら、手をグーにして、ゆっくり下から首をなでてごらん!」


と言います。


「慣れたら、頭撫でてごらん。」


と。




犬は手を舐め始めます。


さすがに、顔を舐めようとする時は止めますが、


小学生は、


「わー」


とか言いながらニコニコします。




きっとこの子は、これで犬を嫌いになる事はない、と私自身もちょっとの幸せを感じたりします。








子供の親がそばにいて。


「いいですか?」


と言ってくる親御さんもいれば、



「やめなさい!」

と言う親御さんもいます。





飼い主に気を遣っての、やめなさい、という場合もあるかもしれませんが、お子様のことを考えていうのであれば、


「いいですか?」


と聞いてくれた方が嬉しいです。


こいつは何も悪気ありませんから。

コピー機の前で昼寝









blogランキング


探偵携帯サイト

tantei_saitama at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  | ラブラドールリトリバー
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@