2007年11月

2007年11月11日

お出迎え(2)




ドアを開けた状態で、

私は、別の部屋でPCを前に残務作業をしていました。




目を休めるのに、天井を見上げると、










静かだな。









音をさせないように、忍び足で、そっとゲージに近づく。




すると、ゲージの中に設置したダンボールの小屋の中で、

お腹を上にして眠っていた。


よく寝る

箱の外だけど
こんな感じ。







かわいい♪( ´_ゝ`)






まずい、

どうしても気になってしまう。







ちょうど、

空いている探偵機材を思い出した。




ワイヤレスで別の部屋で見られるように、ゲージが監視できるよう小型カメラを設置。




別の部屋にそっと戻り、

それからまた、PCを前に作業をしていました。






2時間後、今度は





「ピー、ピー・・・」





と泣き出し、ゲージの中を落ち着きがなく動きはじめました。






ん? トイレかな?






モニターで監視していた仔犬は、トイレトレーの上に。








賢いぞ!

よし、そのままだ!




と思った次の瞬間、





「ボーーーッ!」





という、予想外の音が聞こえてきた。







何だ?






恐る恐るゲージに向かうと、

信じ難い光景が!!







トイレシーツを遥かに超えて、なんとゲージの外にまでに

液状のウン●が!!

(汚い話ですいません)





思わず、どこから手をつけていいのやら、

10秒ほど、立ち尽くしてしまいました。






やはり、

初めて来た場所で緊張してか、水を飲み過ぎたようだ。







幸い、身体は汚れていなかったので、仔犬には申し訳ないが

ちょっとの間ダンボール箱に入ってもらい、大掃除をした。






「ピー、ピー、ピー・・・・」






悪いな、ちょっと我慢していてくれ。






先が思い遣られる。








仔犬が来た初日の感想でした。



blogランキング


探偵携帯サイト

tantei_saitama at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | ラブラドールリトリバー

2007年11月10日

お出迎え




その仔犬を見に行ったのは2回目でした。



ようやく生後45日。





それまでに、他2ヶ所のラブと面会したのですが、


目に『涙焼け』が無いこと

鼻が黒いこと

手足が太かったこと


を理由に、この仔犬にしようと決めました。



1週間後に連れて帰るという契約をし、

頭に描いていた準備を始めました。




その仔犬には似つかない、大きなゲージを購入。

組み立てて、トレー全体に新聞紙を敷く。

その上にトイレトレー。


ゲージに給水器を付けてみたり、

ゲージの中に、ダンボールで作った屋根付の囲いを設置。

その中に、古びたタオルケット。



その部屋の、電気コードを全てカーペットの下に入れ、

ゴミ箱はラックの上に置き、

一通りの準備を済ませました。





そして、約束の日。




深いダンボール箱に入った子犬を、車のシートに置き、

ダンボールごとやさしくシートベルトを装着。





「キャイン、キャイン」




耳が痛いほどの鳴き声とともに、ジャンプする。






ようやく、準備した部屋に着いたとき、

箱から出してやった途端、鳴き止みました。



単なる、閉所が嫌だったのだろうか・・・。




仔犬


(生後52日)








鼻を床に這わせながら、一通り嗅ぎ終えると、

ゲージに入れて、戸をそっと閉めてやった。



目を合わせない。



ゲージの中も、一通りクンクンし、

500mlのペットボトルを挿した給水器を見つけると、

黙々と飲み続けた。




おいおい。



4キロちょっとの身体で、500mlは飲み過ぎじゃないだろうか。



途中で給水器を取り上げたときには、半分ちょっと飲んでいました。







よし、ここからが我慢だ。



3日間ほどは、ご飯を与えるとき、

トイレシーツを交換するとき以外は無視だ!

鳴いたからといって、あやしに行ってはならない。

鳴けばかまってくれると認識してしまう。



これは、頭でわかっていても、辛いものでした。

blogランキング


探偵携帯サイト

tantei_saitama at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | ラブラドールリトリバー

2007年11月09日

犬種の選択(3)




幼少の頃からの経験もあり、

犬種はミックス犬(雑種)でも良かったのですが。



ミックス犬にしても、純血種(血統証付)にしても

命の重さに差はありませんから。



何と言いますか、様々な犬種がある中、それぞれの犬種のブリーダーさんが誇りを持ってその犬種を愛している姿とでも言いましょうか。


最期まで看取るという覚悟と、責任という意味合いでも、

色々な犬種を勉強して、ラブラドールという犬種にたどりつきました。





あと、もう一つ。

果たして、どれだけの人が知っているかわかりませんが、

子供の頃に放送していた番組があったのですね。

しゃべる犬と少女が主人公の、

『パパになりたかった犬』

という番組。



その犬もイエローのラブラドールでした。




総して、

自分が例えば目を閉じて、


『頭の中で犬をイメージしてください』


と言われて出てくる犬がラブラドールだったというのも

決め手かもしれません。




そして、何よりも


『 ラブラドール = 盲導犬 』


のイメージが強かった訳ですが・・・。



果たして・・・。


blogランキング


探偵携帯サイト

tantei_saitama at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | ラブラドールリトリバー
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@