2007年08月03日

この夏、変わりたい奥様へ 『面談3』







今、この記事を書いているのは

7月29日。

もう、梅雨はあけてるかな?

夏って、短いですよね。









さて、

約7年前の写真を持ってきた奥様。

風間トオルのような爽やかな結婚前の夫。

その続きです・・・
人気blogランキングへ














私 「さっきから動きっぱなしにさせてすいません。」

  「あまり口つける事ないんですが。」

  「いただいてよろしいですか?」


奥様「どうぞ、あなたのために入れたのよ。」

  「私も一息させていただきますから。」



『何とかティー』を一口飲んだ。

よくわからない、香りの強い初めての味。
(毒とか入ってないよな…。) ←失礼ですが!


対面ではなく右側斜向かいに座った奥様。

人が、一番落ち着いて話せる、と言われている位置取り。


 ○
----+
   | ○(私)
   |       ←こんな感じ


そのまま銀座に出ても恥じないような格好。

疲れないのかな、

そんな私の感想でした。



私 「確かに、人気ありそうですね!」

  「僕が見ても、格好いいです。」



奥様「みんなの憧れの的。」

  「だったわ…。」



私 「だった…。」


奥様「えぇ。」


私 「きっかけとしては、十分理解できますが。」



奥様「そうね…。」



私 「いざ、二人きりになると…ですね?」




  (小沈黙)




奥様「結婚が決まった時は、優越感でいっぱいだったわ。」


私 「お気持ちは?」


奥様「あるーわよ、うん、ある。」


私 「(プライドが…)」

  言いかけてとどまった。

  「あの…、mさん。」



奥様「どうしたの?」


私 「今日、僕とmさんがこうしてお会いできているのも、何かのご縁だと思うのです。」

  「今日、僕がここから出て行き、mさんから連絡を頂かなければ、恐らく二度とお会いする事も無い、他人に戻ると思うんです。」

  「明日からも、顔を合わさなくてはならない友人でもなければ、心配を掛けたくない肉親でもないんです。」

  「全て、吐き出してみませんか?」


奥様「あなた、お若いのに。」


私 「小僧が偉そうにすいません。」

  「でも、聞くことはできますから。」











『小僧』という表現が、今思えば恥ずかしいですが、

この頃は全面的に『気持ち』だけでぶつかっていた

ような気がします。
人気blogランキングへ

tantei_saitama at 01:37│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote この夏、変わりたい奥様へ | 探偵

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@