2008年04月15日

ラブラールを迎える前に 2



前回に続いて。


【ラブの居場所を決める】

室内、室外、いずれにしましても

生後4ヶ月位までは室内にいさせてあげることになります。


成犬になれば、ラブは寒さには強い犬種ですから

問題はありません。

ただし、どうしても関わりが少なくなるので、

しつけの意味合いやラブの性質上、

なるべく室内で共生して欲しいと願います。


屋外に繋がれていて、よく吼えるラブを時々見かけますが

無駄吠えするのはラブとは言わない、とイギリスの

KCではスタンダートに定義しています。


せめて玄関にサークルを設けてやって欲しいものです。


さて、このサークル、成犬になった今では

ウチでは扉を閉めて入れておくということが

もうありません。


それでも、

「お前だけの場所だよ」

という意味合いで、必要なものになっています。


そのサイズ、

120×100cm。



それを家のどこに設置するかを決めます。



そして、サークル内の環境。

サークル内の約半分側をトイレトレー。(45×60)

もう半分には小屋代わりにダンボール箱を

横にして入れておきました。


この配置は、

トイレの最初の躾には効果がありました。



このような狭い場所の方が落ち着くようです。

箱の中












基本的に、ラブは清潔好きですから

これだけでトイレの躾の労力は半分減ったようなものです。

ちゃんと、

箱以外でやりました。

新聞紙の上とか

はみ出てる









(そういえば寝相が悪かった)


はい、で、

徐々にサークル内に閉じ込めておく環境から

移動して良い場所を教えていき、

この部屋の場合はここ、

事務所は机の下、

夜は人間のベッドの脇下、

などと教えていくと、

そこがラブにとって安心できる場所になっていきます。



最後に、

普段から室内で共生することによるメリット。



人間が住む家という環境での躾もできる上に

当然、ラブ自体も清潔に保たれている訳ですから

例えば、

店主が犬好きの事務所の近所のBarとか、

人様の家に上げてもらったときにでも

ベッドはもちろん、

ソファーや、人間の座椅子には上がらずに

ジッと待っていられるラブに育てられるのです。

ひとんちで伏せ










blogランキング

探偵携帯サイト
探偵PCサイト

tantei_saitama at 12:35│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ラブラドールリトリバー | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@