2008年04月16日

ラブラドールに多い病気


一生を面倒みられる

場所を確保できる

これ以上、飼い主側のことを書くと

『飼い方マニュアル本』

になってしまうので、

自分なりに重要だと思うことに絞りたいと思います。


今回のテーマ。

ラブラドールに多い病気

ラブラドールリトリバーを迎える前に

知っておいた方がいいと思われる事項として記します。



【遺伝性疾患】
遺伝による因果関係が高いものです。
・股関節形成不全
・白内障
・進行性網膜萎縮症
・骨軟骨症(肘形成障害)

【飼育環境によるもの】
・耳の疾患(外耳炎・中耳炎)
・皮膚病
・肥満


これらを、これからラブを迎えようとする時点で

すべてを防ごうとするのも無理かもしれません。


幸い、ウチでは大きな病気はなく育っています。

自分なりに気をつけてきたことを書きたいと思います。

こうすれば絶対大丈夫!

というものではなく、10年以上を共にするのですから、

最初に選ぶ時点から納得して迎えた方がいいはずです。

それでも、成犬になりつつ現れる疾患もありますし、

もし疾患があらわれても大切な命。

怪我をすることもありますしね。



足骨折










こんなことになってしまっても、

どうか、最後までお願いしますm(_ _)m

blogランキング

探偵携帯サイト
探偵PCサイト

tantei_saitama at 11:59│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ラブラドールリトリバー | 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@