わたし、どうすればいいの?

2007年12月06日

あきらめないで!


『一組の夫婦』がどうやら別れたらしい。

たまにすれ違う、顔見知り程度の夫婦。

歳はお互い30歳前後といったところでしょうか。

夫は、私のようにフルネームを打ち込むと色々出てくる人。



とあるマンションに、知っている限り4年ほど一緒に住んでいた。

子供はいないが、奥さんは欲しがっている感じだった。

「子作りはいつにしますかね?」

こんな会話を耳にしたことがあるからだ。






知ったきっかけは、携帯電話でのやりとり。

夫側の声しか聞こえなかったが、


「別れるんだな?」


なぜか玄関の外に出て、結構な大声で話していた。


「じゃあ、明日電話するよ!」

「あ?」

「明日の焼肉が終わったら電話するって言ってんだろ?」





聞こえたのはこのくらい。

立ち止まって聞き入るわけにはいかなかったので。




それから、数時間後、また私は同じ場所を通ったのだが、

偶然にも、髪の長い女性と玄関から出てきたところに鉢合わせた。

(これが調査だったらベストショットを撮れていた)



なるほど。

それで玄関先で話していたのか。






それから数日後、

通りから見える1階の集合ポストからは、『ネーム』が外されていた。


旦那さんは、とりあえず帰ってきているようだが、奥さんの姿はもう見ない。


それからも、何度か、髪の長い女性はこのマンションに出入りしている。





もう、探偵や法曹関係者であれば、突っ込みどころ満載だと思いますが。




何故にこの奥さん、すぐに家を出て行ってしまったのだろう。

自ら、婚姻関係を破綻させること無いのに。



4年間、ずーっと子供が欲しかった奥さん。

夫は新しい女とハッピーライフ。




以前『どうすればいいの?』でも書いたように、

もっともっと、周知させなければならないと強く感じた今日この頃です。





友人であったら、



どうせこの夫、これからも浮気癖は治らない、

子供がいなくて良かったじゃない、とでも声を掛けるのでしょうか。




でも、私はそれで終わって欲しくはない。



敢えて言うならば、



世の中、何度も結婚し、その度に子供を作る無責任な男もいる。

でも、この夫は結婚後に会社を辞めて独立し、仕事もどうにか順調にさせてきた。

奥さんは不安だったろうに、それを家庭で支えてきた。

手の色を真っ青に変えて重い買い物袋を運んでいた。

それでも子供を作ることを避けてきたのは、いずれ別れようと企んでいたから他ならない。



30歳前後までの4年間は、

子供が欲しかった女性にとっては大きいはず。



このブログのメッセージが、奥さんに届く事は難しいと思うが…。


今からでも遅くはないから。

『離婚届不受理申出』を出し、

自宅に戻って戦って欲しい。


後悔の、なるべく少ない未来のために。

blogランキング

探偵携帯サイト

tantei_saitama at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2007年08月15日

どうすればいいの?『完』


なるべくわかりやすくご説明します。


復縁のためにどうにかする、

というのはここでは省きます。



この奥様の希望であった、

『浮気』が原因で、

[ズГ垢襪靴覆い亡悗錣蕕最朸者の浮気相手に慰謝料請求

⇔ズГ靴毒朸者に慰謝料請求

この2点に絞ります。




まず、離婚にまつわるお金の話。

大まかに、

・慰謝料

・財産分与

・養育費

があります。



『慰謝料』というのは、どの人にどれだけの損害を与えたか、

夫婦でいうと、婚姻が破綻するのに、どちらがどのくらい悪い事をしたか、という事になってきます。


ですから、『慰謝料』というのは無い場合もあります。






この奥様の場合、別居をしてから、夫に他の女性がいると知りました。



すなわち、

別居 = 既に婚姻が破綻している

とみなされますので、



『浮気が原因で婚姻が破綻した』

という事ではないのです。



もしかしたら、同居中から女性がいたのかもしれません。

しかし、

『過去の証拠(写真)を撮る事はできないのです。』



二人で飲食したと思われるレシート、

メールでの他愛も無いやり取り(濃厚なものを除く)、

プリクラで肩を組んだ写真、

そのようなものだけでは、決定的な証拠にならないのです。







と親身な関係でいてくださる弁護士の言葉。

『百の供述よりも、一枚の写真』







夫婦関係がうまくいってない時、

そんな時、夫の両親からも別居を勧められるかもしれません。

「ちょっと、別々に住んで距離をおいてみたら?」と。



そんな時こそ、自分との戦いです。

そんな時こそ、楽になりたいと思ったらいけません。




そんな時こそ、
















決して別居しないでください。





いつも一つ屋根の下に暮らしていれば、

夫の変化って、わかりますよね?





もし、離婚を考えるかもしれないと思った場合、

同居中に(婚姻が破綻していないうちに)

証拠を撮る必要があります。


日記もつけましょう。


その他、

詳しい事は、面談時にお話しさせて頂いております。






どうしても、一緒にいるのがつらい場合、

証拠を撮った後なら、ご自身が家を出ても構いません。




家庭を守るのは、

半分は妻の義務であり、

半分は妻の権利なのです。

親権を得た場合、お子様を守っていくのは自身なのですから。


どうか、その時は、乗り越えてください。

全力でサポートしますから。

  
   〜完〜

人気blogランキングへ

tantei_saitama at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

どうすればいいの?『3』

はこの時点で初めて、この20歳代の奥様とお会いしました。



なぜ、他に女がいると確信したのか、

詳しい内容は省きます。



妻「やっぱり、慰謝料ってもらえないんですか?」


私「どうしても離婚をお考えなのでしょうか。」

 「経済的には、今のままの方がいいと思います。」


妻「・・・・・。」


私「もちろん、調査はできます。」

 「旦那様がどこに住んでいて、どのような女性と交際、もしくは、一緒に住んでいるのか、調べる事はできます。」

 「ただ、慰謝料の請求が目的なのであれば、調査はお勧めできないです。」



妻「何でなんですか!」

 「千葉さん、請求とかそういう事までやって頂けないの?」



私「それは、非弁行為と言って、ダメなんです。やってはいけないんです。」

 「もちろん、奥様に方法などをお教えしたりはできます。」

 「でも、あなたの代わりにお金を請求できるのは、弁護士だけなんです。」



妻「でも、弁護士は無理って言いました。」

 「やっぱ、無料相談だから適当なんですか?」



私「嘘は言ってないと思います。」



妻「じゃあ、わたし、どうすればいいんですか?」


私「奥様のお気持ちもわかりますが、どうか離婚しない方向で、一緒に考えてみませんか?」

 「今はどうにか、旦那様には家に戻ってもらって、生活を共にして、それから証拠を撮っても遅くはないんです。」






結局、

慰謝料を請求するのが難しいとわかって、

帰る事になりました。




なぜ、このケースの場合、

慰謝料を請求するのが難しいのか、

私が奥様に説明した内容は・・・。

人気blogランキングへ

tantei_saitama at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
livedoor プロフィール
最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@