股関節形成不全

2012年08月23日

股関節形成不全、最後の砦

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*


今日の散歩花。

2012082106240000


2012082106230000


2012082106220000




ここ1ヶ月、時々びっこを引くゴン太。



上記の動画を持参して、梅島動物病院へ。

丸刈りを兼ねて診察してもらいました。

そう言えば、生後4ヶ月の時に骨折した時の担当獣医がいつの間にか退職していたんですね〜。

事前にHPでの告知、あったっけなぁ???


触診の結果、両前足は異常なし。

後ろ足の左側、問題なし。

後ろ足の右側・・・生後4ヶ月の時に膝を手術した足だ。


後方にピーンと伸ばすと、痛がる。

左側に比べて股関節の可動域が狭いのだ。


もしかしたら、これが原因で左前足が痛いように見えるびっこを引いているのかもしれないとのこと。



ところで、こんな余談をされました。

大型犬に多い股関節形成不全の治療のために手術をする獣医は全国にあるが、正常に全力疾走できるまでにさせられる手術ができる名医が大阪にいるとのこと。

費用は60万円程で、これは梅島動物病院でもできない内容らしいです。

これは朗報ですよね。

どうしても!っていう人は、ここで紹介してもらうと良いかと思います。




ま、ゴン太の場合は股関節形成不全にはならなかったのですが、なんせ6歳半。

加齢に伴う症状なのでしょうか。


とりあえずレントゲンを撮りましょうとのことで、トリミング後に撮影しておいてくれるとのことで一旦退散しました。


11時半になるのを待って潮路へ。

2012082311330000


入店すると2秒ぐらい動きが止まるおやっさんと女将さん。

oyassan

生活圏外のお付き合いともなると、人間ああなるんですねぇ。。。

寂しい瞬間でした。

が、会話が止まらない女将さん(笑)

喋りながら海鮮ちらしのランチセットを完食。

2012082311450000

味がわからねぇ〜(笑)

けど、楽しかったからいいか。


13時になって入電。

迎えに行きました。


モニターでレントゲンの結果説明を受ける。

どうやら、股関節にガタがきているらしい。

本来、真ん丸なお椀状態の骨盤側と球体のような股関節はツルツルな状態で滑らなければならないのだが、ゴン太の場合は股関節が多角形にゴツゴツ形成されているので痛みを感じるのかもしれないとのこと。

模型も使ってわかりやすく説明してくれましたよ。

ええ、模型はツルツルでした。。。


よって、幾つかの選択肢が与えられたのですが、その中で自分は

・痛そうな時が続いた時だけ、痛み止めの薬を服用させる。

・関節をズムーズにするために、サプリメントを摂取させる。

の、2つをチョイスしました。


ということで、またまた初めて見るこれ。

P1080334

グルコサミン、ペプチドコラーゲン・・・などなど。

おいおい、まだそんな歳じゃなかろうに。。。

2012082313530000


とりあえず、引き締まっていて体重は問題無いので、今までどおり体重維持と十分な運動は続けてくださいとのこと。

2012082316040000

4週間ほど与えて様子を見てくれとのことですので・・・

効果があれば、次は安いネットで買おうっと。


相も変わらず散歩には行きたがるので、そこまでは痛くないと思うんですけどね。


takegonsをフォローしましょう

Facebookもお願いします。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*

アナタのポチッが励みです
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

tantei_saitama at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月16日

ラブラドールに多い病気


一生を面倒みられる

場所を確保できる

これ以上、飼い主側のことを書くと

『飼い方マニュアル本』

になってしまうので、

自分なりに重要だと思うことに絞りたいと思います。


今回のテーマ。

ラブラドールに多い病気

ラブラドールリトリバーを迎える前に

知っておいた方がいいと思われる事項として記します。



【遺伝性疾患】
遺伝による因果関係が高いものです。
・股関節形成不全
・白内障
・進行性網膜萎縮症
・骨軟骨症(肘形成障害)

【飼育環境によるもの】
・耳の疾患(外耳炎・中耳炎)
・皮膚病
・肥満


これらを、これからラブを迎えようとする時点で

すべてを防ごうとするのも無理かもしれません。


幸い、ウチでは大きな病気はなく育っています。

自分なりに気をつけてきたことを書きたいと思います。

こうすれば絶対大丈夫!

というものではなく、10年以上を共にするのですから、

最初に選ぶ時点から納得して迎えた方がいいはずです。

それでも、成犬になりつつ現れる疾患もありますし、

もし疾患があらわれても大切な命。

怪我をすることもありますしね。



足骨折










こんなことになってしまっても、

どうか、最後までお願いしますm(_ _)m

blogランキング

探偵携帯サイト
探偵PCサイト

tantei_saitama at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@