別れさせ屋

2010年03月10日

別れさせ屋って探偵じゃないからね

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*


以前に書いた別れさせ屋≠探偵からのアクセスが多いと思ったら、これの影響だったんですね。




こういう報道でさ・・・

「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ

などと、探偵も別れさせ屋も十把一絡げにされてしまう。

あっ、『○ソ、ミソ一緒』って意味ね。



それにしても今回の事件・・・

登場人物全員救いようがありませんなぁ。


元夫は、妻と別れたいからと別れさせ屋に依頼。

被告のとった方法は、元夫公認とはいえ既婚者女性と不貞行為。

被害女性父親・・・気の毒だけど殺害された被害女性は、被告の男に口説かれ不倫したのは事実。

その後に殺されたのは、職業とは関係ないと思うが、別の職業でもこの被告は殺すような人間だったのだろうと思うよ。



以前も書いたけど、別れるべき人は法律上不倫関係者なんだよね。

浮気調査っていうのは一般人が思っているようなダークなものじゃなくて、まずは家庭を守るためのものなんだよね。

家庭を守る義務も権利も、半分は夫、半分は妻にある。

もし、片方が浮気を始めたら、家庭は壊れる方向に進むよね!?

それを阻止しなければならないのは、もう片方。

"婚姻" という契約をして一緒にいる訳だから、ちゃんと証拠を撮ればいくらでも選択肢があるし、法律というもので守ってくれるんですよ

知らない人が多いんですけど、離婚しなくても愛人に慰謝料請求できるし、やりようによっては配偶者に知られずに別れてもらって慰謝料請求もできる。

その結果、調査にお金をかけてもそれ以上のお金が戻ってくるのですから、おかしいと思ったらすぐに依頼してくれればなぁと思うんですよね。

だって、そのままじゃ何も変わらないどころか、どんどん悪い方向に進んじゃう。

男と女の関係ですから、浮気が始まったばかりのアツいうちの方が会う頻度も多いから証拠も撮りやすいですしね。

面談で自宅へ訪問して、小さなお子様がいたりすると、この子から父親を奪う訳にはいかない!って強く思いますよ。


ま、でも依頼者が離婚したいと思えば仕方がないんですが、それでも今後の生活のことを思い、最大限有利にしていくためにお手伝いしていくことも、場合によっては弁護士とタッグを組んででもできますからね。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*

アナタのポチッが励みです
  ↓↓↓
blogランキング


tantei_saitama at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年07月23日

別れさせ屋≠探偵

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*


時々、問い合わせがあるこの類の相談。

「工作員をつかって別れさせて欲しい。」


TVの影響なのか、何故に工作員をつかってと指示付きなのだろうか。。。


先日も、ある女性から問い合わせがありました。

こちらから逆質問をさせていただくと、別れさせたいのはある夫婦とのこと。

となると、

ああ、この女性は不倫している男性夫婦を別れさせたいんだなって一瞬でわかってしまうのですが・・・。




この件につき、2つに分けて書いてみましょう。




まず、1つ目はカタイ話。

問い合わせてきたこの女性は、ある一つの家庭を破綻させようとしている不法行為者であります。

公序良俗に反する者を、法律は擁護してくれません。

そのような人に対して手を貸すというのは、車で運転して帰る人にお酒を飲ませるのと同じです。

要は刑事事件で言えば幇助罪になるということですね。

それにもし、女性工作員をつかって男性に接触させ、男性をホテルに誘う(そんなにウマくいくとは思いませんが笑)って、美人局じゃないですか。

で、これらのことを成功させて、喜ぶのは誰?

傷つくのは誰?

ってことになるでしょう。




2つ目。


相談者自身が危ないです。

相談者は依頼する際に身元を業者?に明かすことになるでしょう。

そして、相談者自身がダシにされるかもしれません。

「今度、あなたがデートする際、我々が尾行して全部記録を撮りますよ!そしたら、それを自宅に送っちゃいません?大丈夫です、送る写真は後姿ですし、写真を見ても身元がわかる訳ではありませんから・・・。」


わかりますか?


この時点で、相談者を救える術も材料もないのです。

ことが済んだら業者に脅されるかもしれません。

「写真を送った奥さんに、あなたの身元を明かしてもいいんですよ?」

となると、奥さんから慰謝料を請求されるのは相談者です。

小出し小出しで要求されるかもしれません。

あなた、会社は○○でしたよね?


となると、警察に行ってみましょうか。

弁護士事務所にも行ってみましょうか。


きっと一言、

「あなたが悪いんでしょ?殺人を依頼した人とやってること同じだから!」

と言われるでしょう。





探偵って、別れさせ屋もやるんでしょ?

っていう類の質問をされること自体は諦めがついてます。


TVが悪い。

仕事欲しさにネタ提供する業者も悪い。

それらに影響される視聴者も悪い。

探偵が健全さをアピールしきれていないのも悪い。




探偵たるもの、困っている人を助ける仕事。

工作員をつかって・・・

そんなことする必要がない。

依頼をお受けするのは、女性であれば奥様。

別れさすのは夫と愛人女性の方です。



これらを成功させて、喜ぶのは誰?

奥様、子供たち・・・夫本人もっていう時もあります。



傷つくのは誰?

愛人女性・・・・・・

自業自得です。傷ついて終わるだけではありません。

慰謝料も請求されます。




普通に考えれば、わかることです。

普通っていうのは、

地球上に生息する生き物として

ということです。


猫だってカラスだって、子供を命がけで守るのが本能です。

だから、先日も地球上生物としての欠陥と題しました。



そもそも、夫婦を別れさせるという仕事に、どんな理念があるのでしょうか。

もし理念というものがあるのであれば、何を話すのか聞いてみたいものですねぇ。

時間の無駄かもしれませんが。。。


『別れさせ屋』という看板だけでやってればいいんですよ。

そこに『探偵』まで融合するから腹立たしい。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*

アナタのポチッが励みです
  ↓↓↓
blogランキング


tantei_saitama at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@