高温短時間

2011年09月11日

高温短時間

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*


最初に生地を捏ねて寝かせ&発酵。

P1050838


先日のインディアンカレーを教訓に、今回は倍量で。

P1050839


鍋から溢れそうなくらいなカレーの完成。

P1050840

慣れれば簡単に出来るようになる上、自分なりのアレンジなんかも楽しくなってきちゃいます。

で、

今回はナンで食べるのですが、ピザで言う石窯同様、4〜500℃で焼けるタンドリー窯なんてものは一般家庭にありません。

オーブンはせいぜい250℃。

そんな低温で時間をかけて焼いてしまうと、焼き上がりまでに水分が蒸発しきってしまい、パリパリなクリスピーになってしまう。

そこで登場するのが・・・

鉄のフライパン!

P1050841

こいつをこれでもかっ!っていうくらいガンガンに熱します。

なので、コーティング加工されたフライパンではやめた方がいいですね。

とにかく、ガンガン。

油は敷きません。


生地をフライパンの大きさに合わせて伸ばし、

P1050842


ヘラですかさず形を整えてフライパンに蓋!

P1050843

大体15秒ぐらいでしょうか・・・

プクッとなったら、裏返してすかさず蓋をして焼く、いや約30秒。

ずーっと強火のままで、1枚焼きあげるのにかける時間は1分ほどでしょうかね。

一応出来ました。

P1050846


もうちょっと生地を薄くすればいいということがわかり、2枚目からはこんな感じで焼くことができました。

P1050848


お店のように大きなナンはできませんが、どうせ1分ぐらいで焼けるので、その都度博多らーめんの替え玉感覚で焼いた方がアツアツで美味しいです。

P1050849


ちゃんとふっくら、パンのように焼けました。

P1050850


余談ですが、ナンがタペストリーのような三角形なのは、日本だけだそうです。

本場のインドではピザ生地のように円形で焼くのだそうですが、後から日本に参入しているインドカレー店主曰く郷に入らば郷に従え、三角形にして焼くように変更しているそうです。


今回は調子にのってもう一品。

ホウレン草を茹でてFPでピューレにしたものを投入。

なんちゃってグリーンカレー。

P1050851

う〜ん、ビミョー。


そうして翌朝。

そうそう、カレーって続くもんですよね。

一度で食べきるもんじゃない(笑)

何度も焼くと、こんなに上手に焼けるようになりま・・・

P1050852

嘘はいけません。

ナンじゃないし。。。


作った直後のスープカレーで始まり、今夜とろみのあるカレーで〆となりそう。

それでこそ、カレーの醍醐味って感じです。


takegonsをフォローしましょう


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
探偵社
ガルエージェンシー埼玉南
は…
探偵で直接アクセス
探偵または埼玉の探偵
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*

アナタのポチッが励みです
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

tantei_saitama at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile
Take
2006年2月10日生まれのラブラドールレトリバー(ゴン太)と毎日10km散歩するのが日課。

宜しければお願いしますm(_ _)m
↓↓↓



このブログはリンクフリーです
探偵@埼玉ではたらく社長blog


浮気調査/人探し/離婚相談など
   ↓↓↓
総合探偵社ガルエージェンシー埼玉のサイト運営者です。
プロフィール

Take

最新記事
QRコード
QRコード
探偵Takeの2ndカード
これで楽天ポイント2倍
ANAマイル移行も可能
楽天トラベルにも使える!



年会費無料
メインカードとしても魅力的!
あし@